水回りは特に注意しよう

湿気が溜まりやすい部分とは

水回りは、住宅の中でもカビが発生しやすいと覚えておきましょう。 そのため定期的に、カビがないかチェックしてください。 見つけたら、すぐ掃除することが重要です。 カビは放置していると、繁殖してしまいます。 まだ良いと思わないで、迅速に対応しましょう。

カビを見つけたら放置しない

キッチンや浴室など、水を使用する場所は湿気が溜まりやすいです。
そのため、カビが発生しやすいと覚えておきましょう。
カビは、見つけたらすぐカビ取り用の洗剤で掃除してください。
すぐに対応するということがポイントです。
放置していると、カビはどんどん侵食します。
また掃除する時に水や、普通の中性洗剤を使うことも禁止です。
水だけで洗い流すとカビの胞子が飛び散って、結果的にカビが繁殖します。
すぐに、カビ取り用の洗剤を使いましょう。

洗剤ではなく、重曹を使っても良いですね。
重曹は、自然由来の洗剤と言われています。
ですから人の体に悪い影響を与えることはないので安心です。
カビ取り用の洗剤には強力な成分が含まれているので、効果は大きいですが人体に悪影響を与える可能性があります。
また重曹で掃除した後は、クエン酸を吹きかけてください。
クエン酸は、カビの予防に効果的です。
クエン酸も重曹と同じように、天然由来の洗剤なので安心ですね。

キッチンのシンクと壁のスキマや、浴室のタイルの境目などはカビが入りやすく、掃除にくい部分です。
そこはキッチンペーパーを使って、カビを落としましょう。
カビの部分に洗剤を吹き付けて、その上にキッチンペーパーを被せます。
再び洗剤を吹きかけて、数分放置してください。
キッチンペーパーを剥がすと、カビが落ちていると思います。
洗剤を使う際は、ゴム手袋やマスクを付けた方が良いでしょう。
自分の身体も、守ってください。

安全な洗剤を使用する

強力なカビ取り専用の洗剤は、人体に悪影響を与える可能性があります。 特に、小さい子供がいる家庭は心配でしょう。 そこでおすすめなのは、自然由来の洗剤です。 重曹やクエン酸なら、人体に悪影響を与える心配はありません。 誰でも安心して使えるので購入しましょう。

キッチンペーパーが使える

タイルの境目は、カビが侵入しやすいです。 しかしスポンジでは綺麗に落とせないので、キッチンペーパーを使ってください。 また、科学系の洗剤を使う際は、悪影響を受けないようにマスクやゴム手袋をしましょう。 大丈夫だと思って油断していると、具合が悪くなってしまいます。